不眠症の眠れない夜

元アル中、初老の繰り言、戯れ言か、と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼠の目#484(ほぼ全文はリンクで)

鼠の目・これまでの梗概

<主な登場人物>

オレ=初老のフリーランス便利屋、通称、鼠。説教多し
オカマのマリー=オカマバーの女将、陸上自衛隊OB
ケンスケ=オレの助っ人、仏外人部隊脱走兵
山下=定年前の所轄の刑事
和田由美子=事務所の雑用を請け負ってくれている素敵な女性
和田洋子=和田さんの一人娘
川崎真知子=オレの依頼人。川崎徳一の孫
川崎真理子=真知子の妹
徳永高男=波動研究会の会長、川崎徳一の嫡外子
文龍名=カルト教団・統合真理教会のボス、波動の最高幹部も兼ねる
後藤=徳永の部下、事務方、対外折衝部門の長
宮崎一平=和田洋子のサークル仲間。波動研究会の末端メンバー
長田=波動のメンバー、上島上等兵の息子、徳永の非公然活動を担う
滝川順平=靴屋の隠居、川崎徳一の戦友
川崎徳一=本名・李光徳、川崎姉妹の祖父
川崎良子=川崎徳一の夫人。川崎聖一の母。古朝鮮の祭祀一族の末裔
川崎聖一=川崎徳一の息子であり、川崎姉妹の父。徳一の死後、失踪
川崎篤子=川崎聖一の妻。川崎姉妹の母。廃宮家の末裔
上島上等兵=滝川、川崎の終戦時の上官。長田の父親
安田=TV局の放送記者

izakaya.jpg

ヒクッ、ヒクッ、と若者は泣いていた。

なぜ泣く?

安田は不思議でたまらない。

人を殺すということは、なまなかなことではできないはずだ。

いやむしろ、きわめたような覚悟がいるはずだ。

それがこのようなどこにでもいる若者に人が殺せるのか?

あのゲームセンター、あそこの居酒屋、繁華街、そこでにこやかに笑っている若者となんら変わらないのだ。

(すいません。現在、単身赴任のゴタゴタで、途切れ途切れの掲載になります。気が向かれましたら覗いてみてください。ひょっとしたら新原稿をアップしているかもしれません)



スポンサーサイト

鼠の目#483(ほぼ全文はリンクで)

鼠の目・これまでの梗概

toku071016C.jpg
<主な登場人物>

安田には現実感が乏しかった。

そこに死体が転がり、射殺した、いわゆる犯人が目前で土下座をしている。

歌舞伎の世話物でもこうはいかないんじゃないか、安田はそんなことを思っていた。

顔中を涙と鼻汁でグジャグジャにさせた若者にが、むしろ哀れに思えて仕方がなかった。

「なぜ君は警官を射殺したんだね」

安田は泣きじゃくる波動の若者に問うた。

それはごく自然な記者根性の発露だった。

「なぜ…なぜといわれても…。そこに敵がいて…大先師様の『殲滅せよ』の命令があったわけですし…」

「じゃあ、君は機械的に引き金を引いただけだというのかね?殺意がなかったとでも?」

「ええ。ええ。無論そうです。本当に死ぬなんて思わなかった」

「ライフルで打ち抜けば、人は死ぬだろう?そのことは理解していたんじゃないかね?」

「いや、あの、えーと、どうなんかな。ええ、そうです。死ぬんだろうな、という予感はありました」

「だから殺そうと思ったんだろう?」

安田の記者としての知りたがりがムクムクと大きくなり始めていた。

これは大スクープだ。

その思いが強くあった。

でなければ、ムービーカメラを回しっぱなしにできるわけはない。

ああ、これで放送協会賞は取れたも同然だ、と内心ほくそ笑んだ。

いったろうが。

取材対象に1ミリでも近づくこと。

でなければマトモな原稿なんてできるもんか。

吐き気とともに胃液を吐き散らしたことなどすっかり忘れ、安田は震えるような興奮を感じていた。

「君は人を殺したことがあるのかね?」

安田はカマをかけた質問をしたつもりだった。

しかし、波動の若者は口に手を当て逡巡し始めた。

おい、待て。

こいつ、ほかにも人を殺したことがあるのか?

安田の警戒アラームが大きな音を脳内で発し始めた。



鼠の目#482(ほぼ全文はリンクで)

鼠の目・これまでの梗概

<主な登場人物>

オレ=初老のフリーランス便利屋、通称、鼠。説教多し
オカマのマリー=オカマバーの女将、陸上自衛隊OB
ケンスケ=オレの助っ人、仏外人部隊脱走兵
山下=定年前の所轄の刑事
和田由美子=事務所の雑用を請け負ってくれている素敵な女性
和田洋子=和田さんの一人娘
川崎真知子=オレの依頼人。川崎徳一の孫
川崎真理子=真知子の妹
徳永高男=波動研究会の会長、川崎徳一の嫡外子
文龍名=カルト教団・統合真理教会のボス、波動の最高幹部も兼ねる
後藤=徳永の部下、事務方、対外折衝部門の長
宮崎一平=和田洋子のサークル仲間。波動研究会の末端メンバー
長田=波動のメンバー、上島上等兵の息子、徳永の非公然活動を担う
滝川順平=靴屋の隠居、川崎徳一の戦友
川崎徳一=本名・李光徳、川崎姉妹の祖父
川崎良子=川崎徳一の夫人。川崎聖一の母。古朝鮮の祭祀一族の末裔
川崎聖一=川崎徳一の息子であり、川崎姉妹の父。徳一の死後、失踪
川崎篤子=川崎聖一の妻。川崎姉妹の母。廃宮家の末裔
上島上等兵=滝川、川崎の終戦時の上官。長田の父親
安田=TV局の放送記者

trl0803192051046-p1.jpg

その若者が震えながらいった。

「す、す、すみません…」

すみません、だと?

安田は汚れた口元を手で拭いながら、訝しく思った。

すみません、ってな謝る言葉だ。

この若者は申し訳ない、と思っているのか?

安田はそのことが不思議でならなかった。

安田は思い切ってその若者に呼びかけた。

「君は波動かね?」

え、ええ、と若者は弱々しく答えた。

それは辛うじて安田の耳に聞こえた。

「なぜ、彼、あー、つまりその警官を射殺したんだね?」

このような会話が成り立つのかどうか、安田には判らなかったが、質問を発せしめたのは安田自身の記者本能だったのかもしれない。

ムービーカメラも回りっぱなしだった。

「あ、いや、ごめんなさい。殺すつもりはなかったんです」

「しかし君はライフルの引き金を引いた。結果、その警官は頭を打ち抜かれ死んだ。そのことはこのムービーカメラが記録している」

「そ、そ、そんな…。ウソでしょ…」

「こんなところでウソをいっても始まらない。君の銃弾で彼は死んだんだ」

一気に、波動の若者の顔が歪んだ。

若者の目がみるみる曇った。

若者は銃をその場に放り捨てると、つかつかと安田の近くに寄ってきた。

近づいてくるその若者の顔がハッキリしてくると、ボロボロと涙を流していることが判った。

若者はしきりに頭を下げながら、スイマセン、スイマセンと謝っていた。

安田のすぐ目前まで来ると、若者はガバと土下座した。

ごめんなさい、と頭を土にこすり付けていた。

「手をあげてくれ。オレは警官でもなんでもない。プレス、つまり放送記者なんだ。オレに謝ったところでなにもならいんだ」

「いや、いいんです。謝らさせてください。ごめんなさい…」

涙声で答えた若者は、そのままヒクッヒクッと嗚咽し始めた。



鼠の目#481(ほぼ全文はリンクで)

鼠の目・これまでの梗概

20070320_204298.jpg

安田の短くはない記者生活でも、目前で人が殺される状況は初めてだった。

確かに、イヤになるほど死体を見た。

怪我人も見た。

子を事故で失った肉親の愁嘆場など、枚挙に暇がないほどだ。

そのような情景を見続けると、記者は一様にスレてくる。

単純に感情移入だけでは済まないという客観性が備わってくる。

ある意味、それは記者の修練の結果ではあるが、ややもすればニヒルで虚無的な世界観を生み出すことにもなる。

焼死体を「焼き鳥」といってはばからぬような不遜な性格ともなる。

しかし、今度ばかりは違った。

脳漿と血を吹き上げ、眼球が破裂し、瞬間でむごたらしい物体と化してしまったのだ。

さきほどまで安田のことを誰何した若い警官が、首から上を粉砕されて転がっている。

胴震えのあと、安田は強烈な吐き気を催した。

酸っぱいものが胸を覆い、胃液が逆流してきた。

安田は吐いた。

先刻、胃袋にいれたコンビニのオニギリらしい未消化の米飯と、薄汚い色の胃液を吐き散らした。

それは安田のズボンの裾を汚した。

しかし安田のムービーカメラは過たず発射方向を睨んでいた。

そこには蒼白な顔の、死んだ警官よりさらにあどけない表情の若者が写しこまれていた。

改めてその記録画像を再現すれば、呆けたような表情で警官の死体を眺めている若者が写っているはずだ。

そして、その若者が手にしているライフルの銃口が、小刻みに震えていることも記録されているはずだ。



鼠の目#480(ほぼ全文はリンクで)

鼠の目・これまでの梗概

<主な登場人物>

オレ=初老のフリーランス便利屋、通称、鼠。説教多し
オカマのマリー=オカマバーの女将、陸上自衛隊OB
ケンスケ=オレの助っ人、仏外人部隊脱走兵
山下=定年前の所轄の刑事
和田由美子=事務所の雑用を請け負ってくれている素敵な女性
和田洋子=和田さんの一人娘
川崎真知子=オレの依頼人。川崎徳一の孫
川崎真理子=真知子の妹
徳永高男=波動研究会の会長、川崎徳一の嫡外子
文龍名=カルト教団・統合真理教会のボス、波動の最高幹部も兼ねる
後藤=徳永の部下、事務方、対外折衝部門の長
宮崎一平=和田洋子のサークル仲間。波動研究会の末端メンバー
長田=波動のメンバー、上島上等兵の息子、徳永の非公然活動を担う
滝川順平=靴屋の隠居、川崎徳一の戦友
川崎徳一=本名・李光徳、川崎姉妹の祖父
川崎良子=川崎徳一の夫人。川崎聖一の母。古朝鮮の祭祀一族の末裔
川崎聖一=川崎徳一の息子であり、川崎姉妹の父。徳一の死後、失踪
川崎篤子=川崎聖一の妻。川崎姉妹の母。廃宮家の末裔
上島上等兵=滝川、川崎の終戦時の上官。長田の父親
安田=TV局の放送記者

empire_press.jpg

まだ若い警官がビクッと振り向いた。

顔にはありありと恐怖がある。

「動くな。波動だな、オマエは」

ライフルを安田に向け、警官が鋭く叫んだ。

「いや。違う。オレはTV局だ。報道。プレスだ」

安田は警官の姿も記録するべく、大体の見当をつけてムービーを回し続けていた。

広場からの明かりが逆光になるが、なに、あとでデジタル修正をかませば使えないことはあるまい。

「TV局だと?記者章でもあるのか?」

安田は背広のポケットからTV局の腕章を取り出した。

「ああ、これが腕章だ。それにオレが丸腰ってことは、風体を見りゃわかるだろうが」

「なぜ記者がこんなとこにいる。規制されているだろうが」

「バカいうない。のんびり遊んでちゃいい絵なんて撮れるもんか。現場に突入しなきゃいけないのはアンタたちと一緒だ」

「ばかやろう。ここは銃弾が飛び交ってんだ。危険だから下がれ。ここから離れろ」

「いやだね。離れない」

「死にたいのか。なんなら逮捕するぞ」

「容疑は?」

若い警官が答えようとしたとき、ヒュンと銃弾の風切り音が聞こえた。

バフッという圧搾音があったかと思うと、警官の頭半分が飛び散った。

血と脳漿が噴水を上げた。

そのまま警官は横倒しに崩れた。

安田の身体が硬直し、瘧のように胴震いが始まった。

しかしそれでもムービーカメラを止めることはなかった。



鼠の目#479(ほぼ全文はリンクで)

鼠の目・これまでの梗概

0941.jpg

現場に近付くにつれ、銃声と怒号がますますハッキリと聞こえる。

はしなくも安田はワクワクしていた。

現場とはこれだ、性的な興奮さえ覚えるようなスリリングな場所なんだ、その思いを強くした。

広場が辛うじて見える場所に安田は身を潜めた。

慌しく動くのは警察だろうか。

ライフルで武装している。

ときどき立ち止まっては周りを見渡して、安全を確認していた。

立ち木の間を通して、いくつか転がっている人間の身体が見えた。

あれは死体だ、と安田は確信した。

好都合なことに広場は警察の投光器で明々と照らされている。

撮影用の照明を持参していない安田にとって、照明不要の明るさはありがたかった。

身体をかがめ、ムービーを回す。

手のひらに入るようなサイズでありながら、ズームもレンズも性能は申し分ない。

昔ならテキヤの引越しのような道具立てが必要ではあったんだが、今は誰でも放送記者になれる。

メディアはパーソナル化するな、と変なところで安田は納得した。

しかし、これからが安田の安田たる所以だった。

対象に徹底して迫る。

これが安田のスタイルだ。

安田はジリジリと広場のへりを目指した。

少し前方にライフルを抱えた警官の姿が見える。

視界から離れるべく迂回して回り込もうとした。

安田の足元に浮石があった。

不覚にも浮石に足を取られた安田が、どうと倒れこんでしまった。



鼠の目#478(ほぼ全文はリンクで)

鼠の目・これまでの梗概

<主な登場人物>

オレ=初老のフリーランス便利屋、通称、鼠。説教多し
オカマのマリー=オカマバーの女将、陸上自衛隊OB
ケンスケ=オレの助っ人、仏外人部隊脱走兵
山下=定年前の所轄の刑事
和田由美子=事務所の雑用を請け負ってくれている素敵な女性
和田洋子=和田さんの一人娘
川崎真知子=オレの依頼人。川崎徳一の孫
川崎真理子=真知子の妹
徳永高男=波動研究会の会長、川崎徳一の嫡外子
文龍名=カルト教団・統合真理教会のボス、波動の最高幹部も兼ねる
後藤=徳永の部下、事務方、対外折衝部門の長
宮崎一平=和田洋子のサークル仲間。波動研究会の末端メンバー
長田=波動のメンバー、上島上等兵の息子、徳永の非公然活動を担う
滝川順平=靴屋の隠居、川崎徳一の戦友
川崎徳一=本名・李光徳、川崎姉妹の祖父
川崎良子=川崎徳一の夫人。川崎聖一の母。古朝鮮の祭祀一族の末裔
川崎聖一=川崎徳一の息子であり、川崎姉妹の父。徳一の死後、失踪
川崎篤子=川崎聖一の妻。川崎姉妹の母。廃宮家の末裔
上島上等兵=滝川、川崎の終戦時の上官。長田の父親
安田=TV局の放送記者

497693638_02cc679ceb.jpg

安田は自らに課していることがあった。

現場の生な空気を吸わない限り、原稿はできやしない、と。

警察広報や通信社電報に頼っていては、なにもわかりやしない、と痛切に思っていた。

原稿を書く、読む、ということでは最低限のことはできるだろう。

しかしオレはリアルな人間に迫りたい。

それは無味乾燥な5W1Hで発表される警察広報には存在しない。

ただ文字面が羅列されているだけだ。

殺人現場に流れた血と凶器が発する無言の叫び。

淫売宿で繰り広げられる粘液と分泌物。

業者と政治家、高級官僚の間で交わされる乾杯の音と、札びらの匂い。

それらをリアルに感じ取れなければ、記事としての命はない。

そもそもオレは警察広報の代弁者ではないのだ。

代弁者に成り果てれば、サラリーマン安田とはなりえても、「記者」安田とはなり得ないはずだ。

これこそがオレの矜持だ、と思っていた。

蛇蝎のごとく嫌われようとも、塩や水をまかれてもいい。

しかし、それでもオレは記者・安田であるべきだ、と心に刻んでいた。

安田にとって警戒線を破ることは児戯に等しかった。

山中なのだ。

しかも雨がしのつき、薄暗くなり始めている。

少し後方に下がり、わずかに迂回すれば、なんなんく警戒線を突破できた。

登山道にでるまで、鬱陶しいヤブコギはあるが、それさえこなしてしまえば、簡単なものだった。

あとは警察に見つからぬよう、注意して進めば、どうということはなかった。

安田は自らの体力を叱咤し、可能な限り強く足を運んだ。

現場までわずか40分。

自分でも驚くほどの短時間で到着することができた。



該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。