不眠症の眠れない夜

元アル中、初老の繰り言、戯れ言か、と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼠の目#380(ほぼ全文はリンクで)

鼠の目・これまでの梗概

<主な登場人物>

オレ=初老のフリーランス便利屋、通称、鼠。説教多し
オカマのマリー=オカマバーの女将、陸上自衛隊OB
ケンスケ=オレの助っ人、仏外人部隊脱走兵
山下=定年前の所轄の刑事
和田由美子=事務所の雑用を請け負ってくれている素敵な女性
和田洋子=和田さんの一人娘
川崎真知子=オレの依頼人。川崎徳一の孫
川崎真理子=真知子の妹
徳永高男=波動研究会の会長、川崎徳一の嫡外子
文龍名=カルト教団・統合真理教会のボス、波動の最高幹部も兼ねる
後藤=徳永の部下、事務方、対外折衝部門の長
宮崎一平=和田洋子のサークル仲間。波動研究会の末端メンバー
長田=波動のメンバー、上島上等兵の息子、徳永の非公然活動を担う
滝川順平=靴屋の隠居、川崎徳一の戦友
川崎徳一=本名・李光徳、川崎姉妹の祖父
川崎良子=川崎徳一の夫人。川崎聖一の母。古朝鮮の祭祀一族の末裔
川崎聖一=川崎徳一の息子であり、川崎姉妹の父。徳一の死後、失踪
川崎篤子=川崎聖一の妻。川崎姉妹の母。廃宮家の末裔
上島上等兵=滝川、川崎の終戦時の上官。こすからい古参下士官

槍ヶ岳


さて。

これからの用意をしなきゃな。

ああ、もう面倒だな、と嫌気がさした。

と、見るとオレのデスクの隣にグレゴリーのバックパックが置いてある。

そうか、由美子が用意する、といっていたアレだ。

しかしこんなもの、どこにあったんだ。

まったく由美子の収納の完璧には驚かされることばかりだ。

中味は多分必要十分なものが入っているだろう。

きっちりとパッキングされているから、ここで確認のために御開帳したら、オレに再パッキングは無理だ。

由美子を信じてりゃOKだろう。

あと現金とカード、それに煙草と気付薬のバーボンを放り込めばいい。

となれば身繕いだけだ。

オレは手始めに五本指のコットンソックスを履き、その上にウールソックスを重ねた。

ウールソックスだけだと、足指間が蒸れてかなわない。

とりわけかなりの歩行を強いられるであろうから、ここが肝心なところだ。

足が軽いと、歩行がまったく違う。

さらに下着は上下とも化繊のそれに換えた。

登山用のやつだ。

アウターのシャツとパンツも登山用にする。

足固めはゴアブーティの頑丈なハイカットトレッキングシューズにする。

あとはゴアテックスの上着を羽織ればいい。

まあ、いってみれば中高年の正しい山行スタイルみたいなもんだ。

そのまま槍でも穂高でも行けるぜ。

一通り身繕いを終え、オレは茶を淹れた。

茶葉をおごってうんと濃くいれた。

あちらじゃのんびり茶を啜るなんてできまい。

一応、カローラにはMSRのストーブが放り込みぱなしじゃあるが。

茶と一緒に梅干をしゃぶる。

昔ながらの酸も塩もきついやつだ。

減塩梅干なぞクソクラエだ。

重篤な腎臓病患者ならいざしらず、梅干一個に減塩のどうとかこうとか、常軌を逸してる。

なんかもう当たり前の生活を送ることに汲々としてんじゃないのか。

そんなに息苦しい生活のほうがよほど病気になるぜ、と諭してやりたいくらいだ。



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://shirokin.blog43.fc2.com/tb.php/21-12ca323e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。