鼠の目#425(ほぼ全文はリンクで)

鼠の目・これまでの梗概

100m

夜明け前の闇の底に若い女が二人蠢いている。

川崎真知子、真理子の姉妹だ。

白装束のドレープが闇にほの白く舞っていた。

「姉さん、今日が最後みたいね」

「だと思うわ。でもあなたが波動におけるもっとも神聖な存在なんだから、取り乱しちゃだめよ」

「わかってるわ。醜悪なな勝利より、美しき敗北を選ぶわ。姉さんもでしょ」

「当然じゃない。城を枕に討ち死に、ってことかしら。あら、喩えが古すぎるわね」

姉の言葉に妹・真理子は嫣然と笑った。

「文龍名は大丈夫かしら。あれもかなりの年だから」

「心配しても詮ないことよ。あと一日もないわ。最後の力を振りしぼるでしょう」

「兵士たちは?」

「さあ。すべて文龍名が把握しているでしょう。あ、そうだわ。夕方、闖入しようとしたのは長田でしょ?会ったことはないけど、画像で見たことあるわ。印象は人格陋劣そのものな男ね」

「そもそも不潔だわ、長田は」

「会ったことがあるみたいね」

「そう。寝たこともあるわ」

「寝た?あんな汚い男と?」

「仕方がなかったのよ」

「なぜ?」

「和田洋子を殺させるため。怖気が来るほどイヤだったけど、抜いてやれば簡単に殺人を請け負うと思って。無論、翌日、和田洋子は死体になった」

「和田洋子は障害になってたのかしら」

「彼女はわたしの地位を簒奪しようとした。波動の乗っ取りをはかったの」

それは川崎真知子も初めて聞く話だった。